日本の経済倒産は20カテゴリー以下だが、果たしてどうなるのだろうか

近頃が2016年頃で、20年頃後は2036年頃。
その頃には我が国は財政破綻すると言われている。
そうでなくとも、くらし救助と年金は破綻する。
くらし救助はどうでもいいとして、年金が破綻するのは窮する。
そのためには、増税やるしかないらしき。
支出TAXも25パーセントぐらいになって、収入TAXも40パーセントぐらいになるのではないだろうか。
かなりの増税がのしかかるに違いない。
海外に出たほうが生き易い時がくるだろう。
も、わたくしには持病があるので国中を離れられない。
難題年金はどうして繋がるだろう。減額になるのはさけられないだろうが、
難題年金は受けてる人の総量が少ないので、めったにツボを置きられないような気がする。
そうして、新規の申込が厳しくなっているけれど、既存の受給人間には優しいプロセスの
ままでいるような気がする。要望系測定だが。
やっぱわたくしと彼氏は、難題年金が頼みです。老後はそれが信頼です。
目下11万円。彼氏が8万円。施術を合わせて20万円。
こちら利益。働いた経費60万円。静岡銀行 カードローン セレカ